振り返り日記

ワークショップデザイン・ファシリテーションを実践しながら、教育工学や学習科学の勉強中。

学習理論ワークショップ

院試に向けて教育工学、学習科学周りを勉強している。興味ある分野の勉強は大変楽しいのだけれど、具体的イメージが湧かなかったり、実際にはどんな風に現れるか分からなかったりすることもよくある。

 

そこで、院試が終わったら学習理論を体験・体現しながら学べるワークショップやりたいなと思う。

 

行動主義、構成主義、社会構成主義といった一連の学習観、認知的柔軟性理論、学習環境デザイン原則、状況論、実践共同体、創発的学習など。

 

誰しも生得的に学習欲は持っているから、学習に関する専門的な知見って幅広い人にとって即時的に役立つしとても面白いものであるという仮説。

2017年上半期に読んで面白かった本7選

正確には2017.1から2017.7までと、一ヶ月はみ出ちゃいますが読んでよかった・面白かった本ベスト7の紹介です。

自分の読書メーターたけだ - 読書メーター)にまとめながら考えました。90冊くらい読んでいたみたい。

 

プレイフル・シンキング

プレイフル・シンキング

 

ワークショップデザインの第一人者である上田先生。読むだけでわくわくするからなんども読み返してる。

 

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)
 

1月に読んだから内容を忘れた。。読み返さねば。久しぶりに読書が楽しいと思えた本。

 

教養としての認知科学

教養としての認知科学

 

認知科学概論」という授業の教科書。人の知性はとても優秀だが、そんなこともできないの?と思うことも多い。

 

人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)

人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)

 

人はもともと能動的で優秀な学び手であり、自分で知識を構成できるという主張がいろんな事例を以って示されている。

 

安全保障の国際政治学 -- 焦りと傲り 第二版

安全保障の国際政治学 -- 焦りと傲り 第二版

 

 意外と国際政治学って面白いと気づいた。1年生の時よりも理解できるようになっていた。

 

「未来の学び」をデザインする―空間・活動・共同体

「未来の学び」をデザインする―空間・活動・共同体

 

学習環境デザインといえばこれなのかな。基本書だが読み返すたびに新たな発見がある。

 

教育心理学概論 (放送大学教材)

教育心理学概論 (放送大学教材)

 

 教育心理学の教科書的本。本もそうだが、radikoで聞くラジオ教材も面白い。夫婦の仲良し具合にほっこりもする。



まとめてみて気づいたのは
・読んでしばらくたつと内容忘れて薄い感想しか書けない
・院試を控えているため学習科学・教育工学系の偏りがすごい

 

院試が終わったらもう少し幅広げて読んでいこうー。

想像力

対人関係の問題は相手の立場に立つ想像力があれば大部分は解決すると思うのです

いつもは花林糖を買っていた

今日は期末試験x3の日。

試験で久しぶりに英語書いたら意外と楽しかった。久しぶりなのはよろしくないが、昨日の読書会の刺激もあって、電車移動では英単語楽しく覚えていこうーと強めな決意ができた。刺激は消えていくので、あるうちに習慣をつくっていこう。

あと、どうやって自分を育成していこうか、というプロデューサー目線で考えられることが最近増えてる。自分が頑張ろうと思わなくて済むし、RPGっぽくて楽しい。

====

今日やめたこと:帰り道にコンビニに寄ってお菓子を買うこと

 

学問分野別 TOEFLテスト ビジュアル英単語

学問分野別 TOEFLテスト ビジュアル英単語

 

まずはたのしくやる。いきなり難しいやると絶対飽きるのはもう分かった。

 

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)

 

 昨日の読書会で森先生に教えてもらった本。早く読みたい。

 

いつ誰に見られているかわからない

ブログやってるなんて誰にも言ったことなかったけど、最近会う方々に「たけだくんのブログ見たよ」と言われるので驚く。「見られてない」と思ってたモノが見られてるというのはとても恥ずかしいので、今後は見られてるぞーと思いながら書きたい。

毎日の振り返りなんかを書いていこうー。

===

今日の読書会でレジュメを担当したのが教育の章だったのだが、発表後にレジュメでも触れたラーニング・ピラミッドは嘘だよ、と先輩に教えて貰った。50年以上も昔の出典で、かつ根拠もないらしい。

http://askoma.info/2015/04/29/1080

言われてみれば確かに数字のキリが良すぎるなーとは思うけど、疑ってかかる気持ちがなかったなと。本の読み方気をつけよう。(そもそもの知識不足も大変感じた。)

 

あとは、前から見てくれると言っているのに全然書けていない院試のための研究計画書も書こう。書く時間を作ろう。幸い僕は、人にも環境にもとても恵まれていると思えているので、落ちたらそれは完全なる努力不足である。

そういえば、最近勤め先であるFora(https://www.fora.or.jp/)の授業で行った高校2年生から、部活がすごく忙しいけどどうやって勉強すればいいの?という趣旨の質問を受けた。そんな時する話は2つ。

1つは、ネットで調べて一番簡単な科目と書いてあった「現代社会」の参考書をお風呂で毎日20分読むのを1ヶ月続けたら校内3位、2ヶ月で山形県1位、3ヶ月で全国6位を取れた話。得意科目を1つ作って、楽に継続する仕組みをつくろーということを話す。

2つめは、毎朝学校に早く来て30分勉強したり、お昼休みは早弁をして図書館で30分勉強したりなど(優越感を感じながら)隙間時間を使おうという話。

この話をしながらいつも、昔の自分すごいやん、と思う。でもYahooの小澤さんも言っているように、受験勉強が一番頑張ったことってどうなの。受験という与えられたものをこなすための努力だからちょっと情けないなと。おそらく、人生での一番の成功体験は、現代社会全国6位だ。でも、そろそろバージョンアップせねば。院試、受かろう。

===

今日聞いたありがたい話:自分のテーマを考えながら論文を読む(やります)

今日辞めたこと:帰ってすぐテレビをつけること

 

読書会の課題本。

 

 

センター試験現代社会集中講義 三訂版 (大学受験super lecture公民)

センター試験現代社会集中講義 三訂版 (大学受験super lecture公民)

 

 多分一番ボロボロになった参考書。この本で人生変わったと言える。

学生が2016年買ってよかったもの

1. ヘッドホン

奔走20代の忘年会収録(https://m.youtube.com/watch?v=mxr2F9r2z6U)にてポチる。DJが趣味のgreenzの人が世界を良くするgood thingsのコーナーで紹介してるのを見て購入。首を縦に降らざるを得ないほどの没入感が気持ち良い。千円イヤホン使ってたけど、音楽聴くのがぐっと楽しくなった一品。

 2. マニフレックス

2月の引越しの時、石川善樹さんの本だか記事だかを読んでて睡眠に対する意識が高かった、その勢いで購入。表参道店で購入後、恥を偲んで原宿駅まで担がながら持ち帰ったのが懐かしい。。最近はさすがに慣れたけど最初の一週間はアラームなっても起きれないほど深い眠りについてた。

 3. mac用のhdmiケーブル

パソコンとテレビでデュアルディスプレイできる魔法のケーブル。作業効率も上がるし、動画も簡単に大画面で観れてQOL高まった。

 

 

 

ファシリテーションに関するおすすめ本5冊

 

ファシリテーション入門 (日経文庫)

ファシリテーション入門 (日経文庫)

 

 

 

ファシリテーションで大学が変わる:大学編

ファシリテーションで大学が変わる:大学編

 

 

 

ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ

ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ

 

 

 

教育研修ファシリテーター

教育研修ファシリテーター