ほぼまいにち振り返りながら生きたい

ワークショップデザイン・ファシリテーションを実践しながら、教育工学や学習科学の勉強中。

「5年後何を仕事にしているか」考えてみた。

必要条件:自分が興味関心あること(ファシリテーション、ワークショップデザイン等により学びの場をつくること)

十分条件奨学金を返せるだけのお給料がもらえること

パッと思いついたのはこんな感じ。

 

興味あることはとことん追求して、努力も努力と思わないけど、デスクワーク中心だったりあんまり書く意味があると思えない書類とかをつくるタイプの仕事は合わないと思う。人と接したりする方がちゃんとしなきゃと思って働ける。

 

現在の今後の人生設計。

2016年:21歳(学部3年)今。WSとファシリテーション経験/勉強期

2017年:22歳(学部4年)院試の勉強頑張る期

2018年:23歳(M1)M1って書いてみたかった

2019年:24歳(M2)院試受かったとして、果たして2年で卒業できるのか

そして、2020年...。

 

具体的にはやっぱりよくわからない。興味あることしかできないから、多分なるようになるんだろう。ただ、興味あることじゃお金稼げない可能性があるから、学生のうちに稼げるような技術や経験を身につけたいな。院生活は月給10万くらい、好きなことで稼げたら最高である。